事件は現場で起こってるんだ

08.03

事件は午後10時に起こりました。
この週末にふさわしく、
夜食に小さなピザでも食べようっと!と昼から考えていた私は、
冷蔵庫からピザを出し、父親と談笑しながら
そのピザをトースターへ。
グルッとタイマーをまわしたとたん。。。
バーン!!
ブレーカー落ちたーーー!!
とここまではいつものこと。
またかと思いつつも、トースターとポットのコンセントを抜き、
室内の配電盤を開けてみると、
どこも落ちてない。。。
確認のため、すべてのブレーカーを全部切って、順につける。(3回)
やっぱり台所の電気がつかない。
冷蔵庫もただの箱になってる。。。。
格闘すること10分。
冷蔵庫にとっては命取りな事態に。
(このあたりでピザのことを思い出し、一応冷蔵庫に戻してみる)
日頃ものずごくお世話になっている電気屋さんに電話。
電話で指示をしてもらいながら、配電盤の中をチェック。
ブレーカーのカバーをはずし、指示の通りに木の箸でチェックするが異常ない。
どうやら大元のヒューズが飛んだみたい。
父親と二人で外の配電盤へ。
ブレーカーのカバーを外すと、
そこにはバッサリと飛んだヒューズが。
ヒューズを交換しなくては。
まずは全ての電顕をきる。
電話で指示された通りのブレーカーをoffにして、
全てが真っ暗になったけど、
電気が通ってないって保証はないもん。
金属のドライバーだもん。
我が家の電気量は半端ないもん。
感電したらこわいよ~~。
ビビる二人のため、作業も手惑う。
私は懐中電灯と細かい文字を読むことが任務だけど、
気持ちは一緒。
無事に取り替え完了。
電気屋さんにも無事に完了したことを報告して。
さて、気をとりなおしてピザでも。
トースターのタイマーを回す。
さて焼けたかな~とのぞくと、
そこには空っぽのトースターが。。。。
そう、ピザは冷蔵庫にしまったままなのです。
どれだけどうようしてんだー!
再度タイマーを回す。
さて焼けたかな~~?
そこにはだらっとたれたコードが。
そう、コンセントを刺してないんです。
どれだけ動揺してんだーーー!!
いやーピザを焼くって本当に大変ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

編み物教室アトリエucono


名古屋の金山で編み物教室をはじめました。
プライベートレッスンなどもあります。
気軽にご参加ください♪

shop(作品&編み図)


creemaにてちょうちょブローチなど販売しています。

オリムパス×uconoコラボレーションヤーン『エトワール』発売中

上質な天然繊維(リネン、コットン、和紙、シルク)を贅沢にミックスしました。シャビー・シックな色合いを中心に、クラシックでガーリーな全12色展開
ページ上部へ戻る