たいやき愛

01.20

立派なタイヤキ。
大好きなんです。
たい焼きが。
以前にも書いたでしょうか?
天然のたい焼きと養殖のたい焼きについて。
タイトルもあやふやなのですが、
たいやきで魚拓をとっている方の本があります。
一つずつ型に棒がついていて、1匹ずつ焼くのを天然。
大きな鉄板で、魚の型が沢山ならび、一度に沢山焼けるのが養殖。
そう定義して、
全国の天然たいやきの魚拓をとる。
絶滅寸前の天然のたいやき。
私その本をテレビで知ってから、
ずっと探してました。
数年前に両国で天然のたいやきを初めて見た時は興奮しましたねー。
職人さんが焼いているところを写真に撮らせてもらったりして。
大将に「うちに嫁にくるか?!」なんて言われるぐらいに。
今日は小さくても鯛は鯛。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

編み物教室アトリエucono


名古屋の金山で編み物教室をはじめました。
プライベートレッスンなどもあります。
気軽にご参加ください♪

shop(作品&編み図)


creemaにてちょうちょブローチなど販売しています。

オリムパス×uconoコラボレーションヤーン『エトワール』発売中

上質な天然繊維(リネン、コットン、和紙、シルク)を贅沢にミックスしました。シャビー・シックな色合いを中心に、クラシックでガーリーな全12色展開
ページ上部へ戻る